マリオット

実際にバンコクに住んでみる。

これから、タイで移住或いはロングステイされることを希望されるなら、1度住んでみて実際にタイでの生活を肌で感じることが必要です。

なので、実際にタイにちょい住みしてみましょう。

実際にバンコクに住んでるみる。

暮らすのに必要なものは?

暮らしていくのに必要なものは、なんでしょうか?

もちろん、お金が一番必要ですが、やはり住むための拠点となる場所が必要です。

雨露をしのげて、自分の時間、自分のパーソナルスペースを確保でき、他人の目を気にすることなく快適に過ごせる場所が必要です。

暮らしていくのに、お金は大事ですが、「家」も必要なもののひとつです。

実際に、日本で暮らしていても、仕事から家に帰ってきた時の安堵感は疲れた体と心をほぐしてくれます。

戻れる場所(帰れる場所)すなわち「家」が必要です。

実査に住むわけではありませので、「家」に代わるものが必要です。

ホテル?それとも民泊のような宿泊システムでしょうか?

実際に不動産を通じてアパートやコンドミニアムを賃貸契約した場合の手続き

あくまでも、今回はバンコクでのちょい住みですので、実際にアパートやコンドミニアムを借りる訳ではありませが、実際に賃貸契約を結んで家を借りた場合の手続きを説明します。

ホテルVS民泊

これは、もう個人的な好みだと思いますが、私はホテルの方がいいです。

それも、長期滞在用のホテルです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。