トンロー赤バス

トンローの便利な交通手段「赤バス」

BTS(スカイトレイン)のナナ駅からエカマイ駅にかけての大まかなエリアが「スクンビット(Sukhumvit)」と呼ばれています。

スクンビットにある各BTS駅にはそれぞれ独自の交通手段が確立されています。

ここでは、BTSトンロー駅周辺で走行している「赤バス」について書いていきます。

トンローの「赤バス」車内様子

見た目は綺麗な赤バスもありますが、年季の入った赤バスもあります。

トンロー「赤バス」

車内には、クーラーがありません。

懐かしい感じのバス車内です。

トンロー「赤バス」

バスには車掌さんが乗車しています。

トンロー「赤バス」

車掌さんが、女性の場合もあります。

トンロー「赤バス」

赤バスの乗り方

バスですが、タイでよく走っている「ソンテウ」と同じように思っていただいて大丈夫です。

一応バス停がありますが、手をあげて乗車する意思をするとバスは止まってくれます。

赤バスのバス停から乗車する

バス停は下の写真ようなバス停看板があります。

赤バスバス停

バス停看板の前で待っていると「赤バス」がやってきますので、前後どちらの乗降車口からでも乗車することができます。

赤バス

走行中の赤バスに乗車する

トンロー赤バス約10分間隔で赤バスは運行されていますが、なかなか来ない場合もあります。

そんな時には歩いて行ってしまった方が早い場合もあります。

歩き出して、直ぐに「赤バス」が来た時には、手をあげて運転集さんに乗車する意思を示すと停車してくれますので、乗車することが出来ます。

始発のバス停から乗車する

赤バスの始発バス停は、センセープ運河のトンロー船着場の対岸からの出発になります。

「赤バス」始発乗り場は、リバティ・プラザの出入り口正面にあります。

トンロー赤バス

バスはこんな感じで止まっています。

トンロー「赤バス」

トンロー「赤バス」

トンローの赤バスの降車方法

これも簡単です。

赤バス内には、降車ボタンが設置されていますので、降りたい場所でボタンを押すと止まってくれます。

ただし、降車ボタンは前後にある乗車口にしかありませんので、事前に降りたい場所付近に近づいたら乗車口付近に移動したほうがいいでしょう。

トンロー「赤バス」降車ボタン。
トンロー「赤バス」降車ボタン。

或いは、乗車した際に車掌さんに降りたい場所を伝えていると、止まってくれます。

トンロー「赤バス」乗車料金

トンロー「赤バス」の乗車料金は、一律8バーツになっていますので、どこまで行っても変わりません。

料金は、バスに乗車すると、車掌さんがお金を徴収しにきますので、その時に支払ます。

トンロー赤バス

子供は、5.5バーツです。(注意 何歳までが子供料金なのか分かりません。また、実際に子供と一緒に乗車したことがありませんので、お子さんのおられる、知り合いの方からお聞きしたものですので違うかもしれません。

トンロー「赤バス」のルート

センセープ運河ボートのトンロー船着場対岸にあるバス停からトンロー通り(スクンビット・ソイ55)を南下し、途中で右折しトンローソイ1を西進し、スクンビット53に入ります。

スクンビット53を北進しBTSのトンロー駅まで行き再びトンロー通り(スクンビット・ソイ55)を北上するルートです。

途中、BTSトンロー駅でバス停が停車しますので、トンロー駅からBTSに乗車される方達が降車されます。

トンロー「赤バス」

バスはそのまま、スクンビット通りを東進して行き、北行きトンロー通り(スクンビット・ソイ55)に入ります。

トンロー通り(スクンビット・ソイ55)

トンロー「赤バス」のもう一つの始発バス停

トンローの「赤バス」には、もうひとつの始発バス停となる箇所があります。

上の地図でも記していますが、焼肉屋の「Japanese BBQ GYUMA」の前にバス停が設置されており、こちらが北上ルートの始発バス停となっています。

トンロー赤バス

こんな感じで停車しています。

トンロー赤バス

トンロー「赤バス」の運行時間及び運行間隔

運行時間は、北上ルートと南下ルートでは、始発及び最終便の時間に違いがあります。

南下ルートの運行状況

トンロー赤バス

運行時間 5時50分発~21時15分発
運行間隔時間 5時50分~10時:5分間隔
  10時~16時:10分間隔
  16時~21時15分:5分間隔

トンロー赤バス

運行時間 6時00分発~21時15分発
運行間隔時間 6時00分~21時15分:10分間隔

写真は、リバティ・プラザ前にある案内板です。案内板には料金が「7バーツ」と書かれていますが、変更されており、現在は「8バーツ」になっています。

トンロー赤バス

北上ルートの運行状況

トンロー赤バス

運行時間 6時00分発~21時30分発
運行間隔時間 6時~10時:5分間隔
  10時~16時:10分間隔
  16時~21時30分:5分間隔

トンロー赤バス

運行時間 6時00分発~21時30分発
運行間隔時間 6時~21時30分:10分間隔

写真は、焼肉屋の「Japanese BBQ GYUMA」前にある案内板です。案内板には料金が「7バーツ」と書かれていますが、変更されており、現在は「8バーツ」になっています。

トンロー赤バス

トンロー「赤バス」乗車時に気をつけたいこと。

とても、便利なトンロー「赤バス」ですが、利用する時には気をつけいたいことがあります。

車内はとても暑いです。

赤バスには、クラーが付いておらず扇風機のみの車内空調になっていますので、渋滞などに巻き込まれると、とても辛い状態になります。

トンロー赤バス

雨が降った際には、窓を閉めますので、致命的に暑くなります。

止まらない区間があります。

タクシーの様な感じで、決められたルート内なら自由に乗り降りできる赤バスですが、乗り降りできない区間がありますので、気をつけいて下さい。

トンローソイ4からトンローソイ1までの間は乗り降りが出来なくなりますので、注意して下さい。

小銭を用意しましょう。

一律8バーツの格安料金のために、大きなお金を渡すと、お釣り分の小銭を用意されていませんので、乗車する際には、出来るだけ小銭を用意してから利用しましょう。

ペップリー通りまで行きません。

ペップリー通りまでは行きませんので注意して下さい。

橋を渡って行きそうですが行きません。

トンロー赤バス

橋の西側側道に入り、橋の高架下を回って、始発バス停に戻ってきます。

トンロー赤バス

また、橋手前の側道が、赤バスの待機場所になっています。

トンロー赤バス

立地条件のいいトンローの「赤バス」始発バス停

ショッピングプラザ(市場)があります。

「赤バス」のバス停横には、「リバティ・プラザ」という小さいながらも活気のある市場があります。

建物内には、ホテルや飲食店屋さんや役所関係の事務所も入っています。

トンロー赤バス

「リバティ・プラザ(Translation Legalization)」の入り口は赤バスバス停の真横にあります。

トンロー赤バス

お店は、駐車場と併設する形で営業されています。

トンロー赤バス

ショッピング内には、飲食店や洋服、小物を扱っているお店があります。

トンロー赤バス

トンロー赤バス

センセープ運河ボートから「赤バス」に乗り換えて、トンローの町に行くもよし、BTSのトンロー駅に行くにも便利なことから、「リバティ・プラザ」のような小さな市場が出来たような気がします。

そんなに品物がある訳ではありませんが、ブラブラ買い物して、センセープ運河ボートや「赤バス」の発着時間まで時間をつぶすには便利だと思います。

センセープ運河ボートのトンロー船着場が対岸にあります。

先にも書きましたが、センセープ運河ボートのトンロー船着場が対岸にありますので、橋を渡って赤バスにスムーズに乗車すること出来ます。

センセープ運河ボート「トンロー船着場」

バンコク病院まで徒歩圏内

徒歩で行ける距離内にバンコク病院があります。

バンコク病院

バス停から、橋を渡って「ペッチャブリー通り」に出ると、バンコク病院の案内看板が見えます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。