ラビットカード・リワード

タイ バンコクBTSのラビットカードを使ってみる。ラビットポイント(リワード)登録編

タイでも日本のSuicaやICOCAのようなチャージ式のICカード乗車カードがあります。日本と同じようにそのカードを使って、提携のお店での支払いやポイントを貯めていくことができて、さたに無料クーポン券もゲットできます。

短期の旅行の場合でも、タイが大好きでよくこられる方は、ポイントを集めてみるのも新しい楽しみのひとつになると思います。

ラビットカードで支払いができる提携店

  • マクドナルド
  • バーガーキング
  • ダンキンドーナツ
  • ミスタードーナッツ
  • スターバックス 等々

など多くのお店で、ラビットカードを利用しての支払いが可能で、1回の買い物ごとにラビトポイント(ラビットリワード)が最低でも5ポイントゲットできます。また、稀にラビットカードの利用でお得なイベント的なサービスを受けれる場合もあります。

ラビットカードのポイントを貯めてみる

実際に貯めてみる。

実際にラビットカードのリワード(ポイント)を貯めるには、お買い物やレストラン等で、ラビットカードにチャージしているお金で支払をすることによってリワード(ポイント)が貯まっていきます。

ゲットできるリワード(ポイント)は、お店の種類によってまちまちです。

また、イベント的なリワード(ポイント)ゲット週間もありますので、提携店やラビットカードのホームページを見てみるのもいいでしょう。

ラビットカード専用支払い機も普及してきていますので、支払にストレスを感じることも少なくなってきています。

ラビットカード読み取り機

日本の電子マネーと同じで、ラビットカードを読み取り機にタッチすればOKです。

写真で、オレンジ色に光っている部分は緑色に光ると、支払いが完了した合図になります。

パソコン・スマートフォンで登録する。

ラビットカードのポイントを貯めていくには、まずラビットカードの「Rabbit Rewards」でカード登録をする必要があります。

登録自体は、そんなに難しくはありませんので、1度トライしても面白いと思います。

Rabbit Rewards」をクリックすると、下のホームページに飛びますので、赤丸印の「Register」をクリックします。

ラビット・リワード

「Register」をクリックすると、下の画面に代わりますので登録していきます。

ラビット・リワード

最後に下の「Register」をクリツクして完了です。

登録すれば、最初に60ポイントがゲットできます。

「キャロット・クーポン・キオスク」で登録する。

直接、「キャロット・クーポン・キオスク」での登録も簡単にできます。

「キャロット・クーポン・キオスク」はバンコクのBTS駅に必ずあるラビットカード専用の機械です。

バンコクでBTSに乗車した時に、見られた方も多いと思います。

この「キャロット・クーポン・キオスク」には、約15店の提携店のプロモーションが表示されていて、早くて3ヶ月、遅くても6ヶ月ごとに各お店のプロモーション内容が変わっていきます。

ラビットカードサービス機

「キャロット・クーポン・キオスク」で登録してみましょう。

機械右側ウサギの絵が描かれている部分にラビットカードを当てます。

ラビットカード登録

そうすると、タイ語での画面に代わりますので、英語に変換するために赤丸の部分をタッチします。

ラビットカード登録

英語表記になりますので、画面左下にある「JOIN」タップします。

その後は、機械の指示に従って打ち込んでいきます。

メールアドレスと暗証番号を打ち込みます。記入できたら、右下赤丸の「NEXT PAGE」をタップします。

ラビットカード登録

名前と電話番号を打ち込んで、画面右下の「NEXT PEAGE」をタップします。

ラビットカード登録

生年月日、性別を打ち込んで終了です。画面右下にある「FINISH」をタップします。

ラビットカード登録

そうすると、確認画面になりますので、画面右下の「confirm」をタップすると登録完了です。編集する場合には、「confirm」の右横にあるオレンジ色の「EDIT」をタップすると編集ができます。

ラビットカード登録

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。