タイ

タイ王国の基本情報

タイ王国の基本情報

タイの正式名称

タイの正式名称?

タイの正式名称は、「タイ」じゃないの?

私も、そう思っていましました。

実は、違っていました。

立憲君主制国家であることから、正式名称は、タイ王国(タイおうこく)になります。

タイ語: ราชอาณาจักรไทย(プラテート・タイ) Ratcha Anachak Thai

英語名:Kingdom of Thailand

通称名がタイ( Thai )になります。

タイの首都はバンコク

タイの首都は、バンコク(英語表記:Bangkok)になります。

バンコクの正式名称

ところで、「バンコク」も実は通称名です。

バンコクの正式名称は、クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット

になります。

タイ語表記:กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตนราชธานีบูรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์(Krungthepmahanakhon Amonrattanakosin Mahintharayutthaya Mahadilokphop Noppharatratchathaniburirom Udomratchaniwetmahasathan Amonphimanawatansathit Sakkathattiyawitsanukamprasit)

日本語約

天使の都 雄大な都城 帝釈天の不壊の宝玉 帝釈天の戦争なき平和な都 偉大にして最高の土地 九種の宝玉の如き心楽しき都 数々の大王宮に富み 神が権化して住みたもう 帝釈天が建築神ヴィシュカルマをして造り終えられし都

になります。

バンコクの準名称

バンコクは、バンコク都(バンコクと)になります。

タイでは、「クルンテーププラマハーナコーン(กรุงเทพมหานคร Krungthepmahanakhon)と呼ばれたいます。

たたし、「クルンテーププラマハーナコーン(กรุงเทพมหานคร)」も少し長いことから、「クルンテープ(กรุงเทพ)」の通称名で呼ばれています。

バスターミナルや鉄道での地名表記は、バンコクではなく、「クルンテーププラマハーナコーン(กรุงเทพมหานคร)」や「クルンテープ(กรุงเทพ)」で表記されていることが多いです。

タイの国旗

タイの国旗

タイの国旗は、「トン・トライロング」(三色旗)と呼ばれています。

国旗に表されている色の理念は、中央の青色が「国王」を象徴し、白色は建国の伝説に登場する白象に由来し「宗教」を象徴しています。

赤色は「国家、および国民の団結心」を表わすもので、旗全体が王室を中心とする国民の忠誠心・団結心と小乗仏教への高い信仰心を象徴しています。

タイの国章

タイの国章

タイの国章は、仏教およびヒンドゥー教の神話に登場する神鳥・ガルダ(クルット)がモチーフになっています。

アユタヤ王朝(アユタヤは、1767年にビルマ軍に破壊されるまで、タイの中心都市でした)以来のタイのシンボルであったものが、1911年に正式に国章となりました。

国章(こくしょう)は、国家を象徴する紋章や徽章のこと。国徽とも。一般に国旗よりもデザインが複雑なため、その国の風土、歴史、文化などが象徴的に表現され、その国を理解する上で国旗よりも多くの情報を読み取ることができる。

出典:国章ウィキペディアWikipedia)

日本から見たタイの位置

日本から、タイの首都のバンコックまで4,614km。

タイ(バンコク)までの飛行時間

ここでの飛行時間については、タイまでの直行便の飛行時間です。

出発空港 到着空港 飛行時間(目安)
成田(成田国際空港) スワンナプーム国際空港 約7時間10分
羽田(東京国際空港) スワンナプーム国際空港 約7時間10分
大阪(関西国際空港) スワンナプーム国際空港 約6時間30分
名古屋(中部国際空港) スワンナプーム国際空港 約6時間30分
福岡(福岡国際空港) スワンナプーム国際空港 約5時間50分
札幌(新千歳国際空港) スワンナプーム国際空港 約7時間

面積

国土面積は約51万4000平方キロメートル(日本の約1.4倍)ミャンマー(ビルマ)、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接しています。

タイ

人口

タイ人

約6,700万人。タイ族が約85%、中華系が10%となっています。

その他にモーン・クメール系、マレー系、ラオス系、インド系が暮らしており、山岳部にはそれぞれの文化や言語をもった少数民族が暮らしています。

言語

タイ語
地方、地方によって方言があります。

山岳部の少数民族は独自の言語を使用しています。

観光地のホテルやレストランでは、英語も通じます。

通貨

タイの通貨単位は、バーツ(Baht)です。THBや฿と表記されます。

通貨の種類としては、紙幣と硬貨があります。

紙幣

20バーツ(緑)20バーツ(緑)。
50バーツ(青50バーツ(青)。
100バーツ(赤)100バーツ(赤)。
500バーツ(紫)500バーツ(紫)。
1000バーツ(グレー)1000バーツ(グレー)。
の5種類になります。

通貨(補助通貨

25サタン、50サタン、1バーツ、5バーツ、10バーツ硬貨の4種類です。

タイ硬貨

100サタンで1バーツになります。

気候

タイの気候は、乾季と雨季に分かれた熱帯モンスーン気候です。バンコクの平均気温は約29℃で、高温、多湿で1年中蒸し暑いと考えていいと思います。日本で言えば、1年中7月と8月が続くような感じです。

タイでは、4月5月がもっとも暑く、40度近い日もあります。

6月~10月が雨季に入り、毎日1~2時間、雨が降ります。その雨の影響で道路が冠水することによって交通や生活に支障をきたすこともあります。

タイ

11月~5月までが乾季に入ります。11月中旬から約2ヶ月はすごしやすい季節になっり、夜間や早朝は肌寒くなることもあります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。