コーヒー

コーヒーは生産地によって、味や香りが変わってきます。

コーヒーは生産地によって、味や香りが変わってきます。

コーヒーの品種は、200種類以上あると言われています。

それぞれが、独自の味と風味を兼ね備えているので、その日の気分でコーヒーを変えることができる醍醐味があるのがコーヒーの素晴らしさです。

コーヒーが育つために好むもの

コーヒーの豆は、アカネ科に属する常緑樹の「コーヒーノキ(コーヒーの木)」から採れる木の実の種子で、「コーヒーチェリー」と呼ばれる完熟した実のことです。

本当は、「コーヒーノキ(コーヒーの木)」の好きな場所となりますが、コーヒーで統一して説明していきます。

コーヒーは、デリケートで、手間と労力がかかる繊細な植物です。

そのコーヒーが好むものは、以下の通りです。

水(降雨量)

降雨量が、年間1800mm~2500mmが必要になってきます。

数字だけだと分かりにくいですよね。

日本の降雨量と比べると、その量が分かりやすいと思います。

日本の年間平均降水量が1700mmくらいなので、私達が住んでいる日本よりも、少し多いぐらいの降雨量が必要になります。

ただ、降雨量が多ければいい訳ではなく、適度の乾季時期も必要になってきます。

成長している時に雨が多く、収穫期に乾燥している必要があって、雨季と乾季が一定の間隔でいることが大切です。

日当たり(日光)

コーヒーノキも日光が大好きですが、日当たりが強すぎると元気がなくなってしまいます。

そのため、コーヒーの横に少し背の高い木を植えて、日差しを和らげることもあります。

コーヒーのために日陰を作ってくれるこの背の高い木のことをシェイドツリーと呼びます。

温度(気温)

コーヒーの生産につては、イメージから暑い国での育成を想像してしまいますが、平均20℃という、人にも心地がいい避暑地のような場所を好みます。

また、コーヒーノキは寒さに弱く、具体的には5度以下の低温がずっと続くと枯れてしまいます。

さらに、昼と夜の温度差がある程度激しい地域が好きです。

土壌(土質)

コーヒーが気持ちよく育つためには、コーヒーにとって心地のいい寝床が必要になってきます。

心地のいい寝床とは、土壌が肥沃で、水はけが良い土壌が重要で、かつ少し酸性の土壌の方がコーヒーにとっては、心地のいい寝床になります。

ここで言う肥沃な土壌とは、窒素とリン酸とカリウムを含んだ土壌です。

窒素の役割はコーヒーノキを大きく成長させ、リン酸はコーヒーの花の開花とコーヒー豆の肝心な実を作るのに必要です。

カリウムはコーヒーノキの根っこの成長に影響を与えます。

しかし窒素は逆にありすぎると虫が多く集まったり、病気になりやすくなりますので、管理が大切になってきます。

上記のような土壌に一番合っているのが、火山質の土壌になります。

そのためにコーヒー豆の木の農園は標高の高い火山帯に多いです。

ただし、同じ火山灰質の土壌でも、栄養分の無い土壌と、栄養分が含まれている土壌がありますので、栄養のある火山性土壌が必要になってきます。

収穫時は、人の目視による完熟した実の手摘みが必要になってきます。

コーヒーノキに美味しい「コーヒーチェリー」の実がなるまでには、人による丁寧な仕事と労力を欠かすわけにはいけません。

美味しいコーヒーを育てるには、あたかも人を育てていくようにな手間がかかる作業になります。

コーヒーが好きな地域

上記のようなエリアは、一般的に『コーヒーベルト』と呼ばれる地域になります。

その地域は、赤道付近の北緯と南緯25度の範囲内と言われています。

コーヒーマップ

参照:ウィキペディア コーヒーベルト

赤道付近と聞くと、とても暑い国を思い浮かべそうですが、上記であるように20度前後の温度が最適になってきます。

これは、人にとっても快適な温度になります。

赤道付近で、人にとって最適な体感温度がある場所は、標高の高い山になってきます。

また、標高の高い山では、昼と夜の温度差が大きくなり、コーヒー豆の実が引き締まって美味しくなります。

場所によって変わる風味

そんな繊細なコーヒーですので、育ててもらった場所によって、味や風味が変わってきます。

コーヒーが育ちやすい地域

コーヒーマップ

 

ブラジル

 

ラオス

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。