タイ腹痛

タイ腹(タイバラ)

タイ腹・・・なにかのしゃれのように聞こえますが、タイではよく起こることです。

食に関して、ローカルの方には大丈夫でも、日本人にとっては、大丈夫じゃないことがあります。
それは定期的に、お腹を壊してしまうことです。

原因は、色々とありますが、辛い香辛料が体に合わなかったり、細菌感染による腸炎などがあります。

タイ屋台

誤解してほしくはないのですが、ほんの一握りの屋台に限ったことですが、とても衛生的によくない屋台があります。そんな屋台に当たった時には、お腹を壊してしまいます。

その時は、私たちの間では「タイ腹(以後はタイバラと記します)」になってしまったと言います。

このタイバラの怖いところは、私に限ったことかもしれませんが、嘔吐と下痢に悩まされてしまいます。私の場合は高熱も出てしまいます。

薬タイバラになってしまった時には、もうどうしようもありません。

急性の腸炎ですので、熱を下げることと整腸薬を飲むことしかできません。

下痢と嘔吐は体に入ってきたウイルスを体外に出すための働きなので、脱水症状にならないようにして水分を多くとるようにしています。

繰り返しますが、殆どの屋台での食事は安全で美味しいものですが、日本人の体には合わない場合がありますので、生野菜や水など火が通っていない食材を外で食べる際には、気をつけてください。

私は、屋台で食べるご飯が大好きで、海外に出た時にはできるだけ地元の方で賑わっている屋台に行ってご飯を食べています。ショッピングモールに入っているフードコートも大好きです。この記事を書いている10日後にはタイへ仕事で2週間ほど行きますが、今から何を食べるか楽しみにしています。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。