タイのラビットカード

タイのラビットカード購入方法

ラビットカードは、日本的のSuica(スイカ)やicoca(イコカ)などの交通系のICカードと同じです。鉄道に関してはタイのスカイトレイン(BTS)のみの利用となります。タイの地下鉄(MRT)を利用するには、MRT専用のカードを購入する必要があります。

ラビットカードの特徴

  • 乗車の際に、自動販売機で乗車券を並んで購入する必要がなく、カードを自動改札機にかざすだけで乗車が出来ます。
  • 提携している、お店で電子マネーとして利用できて、お店などで利用できるクーポンを集めることができます。
  • ポイントを集めてそれらを利用することができます。

ラビットカードの種類

ラビットカードには、基本3種類のカードがあります。

タイのラビットカード

  • adult(オレンジ色)となっているのが、大人用で旅行者も購入利用できるカード。
  • student(グリーン色)が学生用。
  • senior(ピンク色)がシニア用(60歳以上)となっていますが、タイ人限定です。

他に、

スペシャル・ラビットカード(SPECIAL RABBIT)タイでの記念イベント時に発行されるカード

ビジネスカード(CORPORATE RABBIT)企業とのコラボカード

共同ラビットカード(CO-BRANDED RABBIT)クレジットカードとデビットカードの機能を有するカードなどがあります。

ラビットカードの購入方法

同じラビットカードで2種類の使い方を選択して購入することができます。

  • 回数券方式(30-days trips)
  • チャージ方式

の2種類があります。

チャージ式ラビットカードを実際に購入してみる

購入はとても簡単で、駅のチケット窓口で購入できます。

タイbtsチケット窓口

購入の際に、「ラビットカード プリーズ」と言ってもらえば大丈夫です。

チャージ式は発行手数料が100バーツ、チャージ分が100バーツとなっており、初回にみ200バーツが必要になっています。

今回は500バーツをチャージしてもらいます。

ラビットカードの買い方

1,000バーツ支払って、発券手数料100バーツ引かれましたので、お釣りは400バーツです。

ラビットカードの買い方

ラビットカードが購入できました。

ラビットカードの買い方

以前はデポジット分の代金が必要でしたが、現在は不要です。

ラビットカードにお金をチャージする

チャージは、提携店やBTSのチケット窓口で、最低100バーツから最高額4,000バツまでののチャージが可能です。

「チャージ プリーズ」と言って、お金を出せばOKです。

ラビットカードのチャージ

ラビットカードの払い戻し方法

ラビットカードの払い戻し方は簡単です。

BTSの駅のチケット窓口で「リファン(refund)」と言ってもらうと、パスポートの提示を求められますので、駅員さんにパスポートを渡すと名前とパスポートナンバーを控えられて、チャージ分の残金を払い戻してくれます。

ラビットカードの有効期限

ラビットカード本体自体の有効期限は5年です。新しくラビットカードにした場合に、その旨を伝えるとチャージ分などはそのまま移行できますが、2年間連続して未使用の場合は、チャージ分はなくなってしまいます。

回数券方式(30-days trips)

回数券(30-days trips)の購入の場合には、割引が適用されます。遠くへの乗車回数が多い場合には、回数券方(30-days trips)がお得ですが、回数券方式のラビットカードの利用期間は30日間となっています。

こちらも発行手数料は、100バーツです。

回数券方式を希望の時で、仮に15回分を希望される場合には「30 デイズ パス 15トリップス(trips)」と言ってもらえれば大丈夫です。

 乗車数  購入金額  1乗車の料金
 15回  450バーツ  30バーツ
 25回  700バーツ  28バーツ
 40回  1,040バーツ  26バーツ
 50回  1,250バーツ  25バーツ

BTSでの1区間の乗車料金は15バーツになり、各区間の料金は下の表のようになります。

BTSの路線内はどこまで行っても基本的に「1回」の乗降としてカウントされますので、5駅以上の乗車を毎日される場合は回数券方式の方がお得になります。ただし有効期限が30日です。

初乗り~2駅 初乗り~3駅 初乗り~4駅
15バーツ 22バーツ 25バーツ
初乗り~5駅 初乗り~6駅 初乗り~7駅
28バーツ 31バーツ 34バーツ
初乗り~8駅 9駅~18駅 19~23駅
37バーツ 42バーツ 57バーツ

回数券(30-days trips)の有効期限

購入した回数券分(30-days trips)の有効期限は購入した日から30日間です。カード自体の有効期限は45日ですので新たに回数券分を購入することが出来ますが、それまでに未使用の場合はカード自体が無効になりますので、再発行が必要になります。

注意点

改札を通ってから120分以内に出場しないと追加金を徴収されます。

スクムウィット線のオンヌット駅からリング駅までは、運賃が別立てとなっており、この区間は乗車距離に関係なく15バーツが必要になり、この区間以外から乗車の際には当駅までの運賃に加え15バーツが必要になります。運営会社が違うからとのことです。

シーロム線のポーニミット駅~バーンワー駅も同じ料金体系になっています。

ラビットカードは回数券分とチャージ分を両立して購入が可能ですので、ラビットカードにチャージ分が入っている場合、自動でチャージ分から引き落とされます。

回数券とチャージ式を1枚のラビーットカードに登録した場合、通常でれば回数券分から使われていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。